米国マーケット情報(現地12月10日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月10日)

・米国株式市場は反発
・IT(情報技術)関連株が大幅上昇

10日の米国株式は反発しました。NYダウは前日比+0.14%、ナスダック100は前日比+1.05%、FANG+指数は前日比+1.22%となりました。11月の中国の輸出・輸入がいずれも市場予想を下回り中国景気への懸念が高まったことや、EU(欧州連合)離脱に関する英国議会の動向への警戒感などから、米国株式は軟調なスタートとなりました。その後、英国がEU離脱をめぐる議会投票の延期を発表すると下落幅が拡大し、NYダウは一時500ドルあまり下落しました。しかし、午後に入り相場が下げ渋り、マイクロソフトなどのIT関連株に買いが集まると反発に転じました。その後は物色対象も広がり、取引終了まで上昇基調を維持しました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着