米国マーケット情報

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月7日)

・米国株式市場は大幅下落
・米中対立の悪化を懸念
・減産合意で原油価格はやや反発

7日の米国株式は大きく下落しました。NYダウは前日比▲2.24%、ナスダック100は前日比▲3.30%、FANG+指数は前日比▲2.67%となりました。OPEC(石油輸出国機構)とロシア等の間で原油の減産が合意されたことで原油価格は反発し、エネルギー株の下落は相対的に軽微にとどまりました。しかし、中国通信機器大手のCFO(最高財務責任者)が逮捕されたことで米中間の対立が激化するとの懸念が高まり、幅広い銘柄に売りが広がりました。特に米中間の対立の影響を受けやすいと想像されるテクノロジー株や機械など資本財株の下落が目立ちました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着