インベス大将

ノウハウ

インベス大将の“資産形成の流儀”

第1回 居酒屋編「積立投資は庶民の味方や!」

ここは元気な女将さんと粋な大将が利益度外視で経営する居酒屋「薄利多売」。
店内には将来の資産形成について悩む先輩・後輩サラリーマン2人組の姿が。料理だけじゃなく資産形成についても得意な大将、今日はどんな流儀を語る?

積立投資とかええんちゃう?

ビールを出す女将と2人のサラリーマン


先輩・後輩

おつかれさん!(乾杯)


先輩

かーっ、この1杯のために生きてるっていっても過言ちゃうな…っておい、どうしてん? めっちゃ落ち込んでるやんけ?


後輩

実は僕、仮想通貨でめっちゃ損したんですわ。


先輩

あちゃー、それはいたいな。さげぽよやな。まだ続けてるんか?


後輩

いや、さすがにもうやめましたわ。でも、金ほしいんすよ。少子高齢化とか年金問題とかで老後どうなるかわからんくてめっちゃ不安やし。資産形成っちゅーんですかね、そんなんやって老後の資産築きたいんです。


先輩

なんや意外と真面目に将来のこと考えてんねんな。


後輩

そうなんすよ。せやから仮想通貨で一発儲けて、豊かな老後ライフ送ったろって思っとったんですけどね、無理でしたわ。値下がったところで思い切って買ったんですけど、その後もどんどん値下がり続けて大損ですわ。投資こわって感じです。なんかもうちょい平和に資産築く方法ないんですかね。


先輩

それな。うちも子ども2人目産まれて大変やねん。大学も行かせたいし、ほんま金必要やわ。ちゃんと資産形成っちゅーやつせなあかんねやろなって思うわ。でも投資こわいしなぁ、元手も少ないし、どないせーちゅうねんなぁ。ほんま、なんかいい方法ないんかなぁ。

積立投資をすすめるインベス大将


先輩・後輩

た、大将!?


後輩

積立投資? なんですか、それは?


インベス大将

定期的に定額で買い付けていく投資方法や。例えば投資信託とかやな。兄ちゃんたちみたいな資産形成を必要とするサラリーマンと相性ええと思うで。


先輩

うちらと相性良い?


インベス大将

そうや。定期買付けは定期収入と相性がええんや。たいていのサラリーマンは毎月決まった日に、定額ちゃうんやろうけど、一定の給料があるやろ。その一部を投資にまわすっちゅーことや。


後輩

投資にまわす?


インベス大将

給与口座から投資用口座へ毎月振り込む設定を事前に作ってしまうんや。例えば、毎月1万円積立投資しよう思ったら、毎月給料日に給与口座に振り込まれた金額の中から1万円が投資用口座へ自動的に振り込まれるっちゅーことや。ほんでその1万円で投資する、って感じやな。


後輩

っちゅーことは、給与口座に残った金額で毎月生活するってことですか?


インベス大将

そや。投資にまわす金額は日々の生活に支障の出ーへん金額の範囲内で設定しておくんやで。投資のために借金とかは絶対したらあかん。そんなんしたら、元も子もないわ。


先輩

確かに、それはやりすぎですわ。せやけど、どんぐらい投資したらいいんです?


インベス大将

まずは自分の月の支出を見直したらええ。毎月どんぐらい現金残ってるか。残ってる金の3分の1を投資に回してみるとかな。ほんで毎月積み立てていく中で余裕あったら増やしてみるとか。


後輩

う~ん、悩むなぁ。


インベス大将

いろいろ悩むんやったら、とりあえず毎月3万円を目安として考えてみるんもひとつの手やで。


先輩

毎月3万円?

 

つみたてNISAは長期投資にぴったりな非課税制度


後輩

非課税!? なんやお得そうですね。


先輩

どんな制度なんです?


インベス大将

つみたてNISAは、投資で得た利益が最長20年間非課税になる制度のことや。ただし年間の投資上限は40万円。限度いっぱい制度を活用するなら、月々の積立金額は3万円ちょっとになるわけや。


先輩

なるほど、それで毎月3万円が目安なんですね。非課税制度っちゅーことですけど、そもそも、投資の利益はいくら課税されるんです?


インベス大将

投資信託の場合、利益の内、約20%課税されるんや。100万円の利益が出たら、そのうち約80万円が手元に残って、約20万円が税金として引かれるんや。

後輩
後輩

つみたてNISAなら税金分の約20万円が手元に残るっちゅーことですね?

つみたてNISAのお得さを紹介するインベス大将
※最大800万円を非課税で投資できるのは2018年につみたてNISAを始めた場合です。


先輩

800万円なんて持ってんへんし、仮に持ってても一括で投資するってのは腰引けるわぁ。でも、毎月3万円積み立てて、結果的に800万円分投資するっていうんやったらまだ現実味ありますわ。


インベス大将

せやろ。投資やからって大金が必要なんてことはまったくないんや。少額の積立投資で長期間にわたってコツコツやる、そんな方法もあるっちゅーことを覚えといたらええで。


後輩

そうなんですか、少額でもええんですね。仮想通貨みたいに一発で儲けなあかんと思い込んでましたわ。


インベス大将

確かに一括投資のほうが投資成績が良くなる場合もあるんやけど、まとまった金がない人のほうが世の中的には多いと思うねん。そんな人でも取り組めるんが積立投資や。


先輩

なんか庶民の味方っぽいですね、積立投資って。


インベス大将

100円からでもできんねんから、ほんま庶民の味方やで!!


後輩

100円!? 生中より安いやん !!


インベス大将

生中一杯我慢して、投資始めてみるのもええんちゃう♪

おたまを手に怒る女将


インベス大将

す、すまん!!


先輩・後輩

(こわっ)

 

2回へ続く

協力:青木雄二プロダクション

 

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着