米国マーケット情報(現地12月4日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月4日)

・米中貿易摩擦懸念が再燃
・景気の減速観測が広がる
・VIX指数も急上昇

 

4日の米国株式は急落しました。NYダウは前日比▲3.10%、ナスダック100は前日比▲3.78%、FANG+指数は前日比▲3.81%となりました。週末の米中首脳会談での合意に関して期限内に妥結するかどうかに懐疑的な見方が広がりました。期間の長い国債の利回りと短い国債の利回りの差が逆転したことや縮小したことにより、景気の減速が近づいているとの観測を誘ったことから、反落して取引がスタートしました。その後、トランプ大統領がツイッターの投稿で交渉決裂時の追加関税をほのめかしたことから、売りが優勢になり、下げが加速しました。加えて、投資家心理を測る指標とされるVIX指数も急上昇(投資家の不安感が増大)しました。翌日がジョージ・H.W・ブッシュ元米国大統領の国葬のため休場となることもあり、取引終了にかけて一段と売りが増え、主要な株価指数はほぼ安値引けとなりました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着