マーケット画像

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月20日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.28%
ナスダック100指数 前日比 +0.43%
FANG+指数   前日比 +0.39%

20日の米国株式市場は続伸でしっかりとした動きとなりました。11月の個人消費支出が前月比0.4%増と市場予想並みであるものの着実なプラスを維持したことや、トランプ大統領が習主席と協議し「中国は既に大規模な農産物の購入を開始した」、「(第1段の通商協議の)正式な署名が準備されている」等とツイートしたことが材料となりました。

欧米はいわゆるクリスマス休暇期間に入るため、株式市場も動きが乏しくなることが予想されます。市場参加者が減少する中、経済統計では23日(月)に11月耐久財受注や11月新築住宅販売件数、24日にリッチモンド連銀製造業景況感指数の発表が予定されており、サプライズはないか確認は必要です。

また、24日には日中韓首脳会談が予定されており、こちらも材料が乏しい中、株式市場に影響を与える材料がないか注意は必要と考えます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着