ノウハウ

つみたてワニーサ今週のつぶやき

つみたてNISAで買われている商品の大半がインデックス投信。なぜだろう?

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。始めの一歩に最適な商品が揃っています。

金融庁がつみたてNISAの対象としているインデックス投信は、長期つみたてを意識し、購入時の手数料はゼロ円であるノーロードで、信託報酬の上限を設けています。そのため、とにかく少額でも資産形成が始められる、その第一歩として選ばれているんです。
つみたてNISAの対象商品は、金融庁のホームページでチェックしてくださいね。

信託報酬とは、投資信託の保有期間中に投資信託の純資産総額から差し引かれる運用管理費用、つまり手数料なんです。
金融庁が選定したインデックス投信148商品の平均信託報酬は、0.31%(税抜)です。その内、投資先が国内のみを対象とするインデックス投信の平均信託報酬は、0.27%(税抜)、投資先を国内外・海外のみとするインデックス投信は、0.33%(税抜)。つみたてNISAでは、手数料が低水準の投資信託を揃えているんですよ。
(※金融庁 つみたてNISA対象商品の概要について(2019年10月1日時点)

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISAについてはこちら

つみたてワニーサについてはこちら

つみたてワニーサのツイッターアカウントはこちら

iFreeタッチ公式サイトはこちら

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

あなたにおすすめの記事

新着