米国マーケット情報(現地12月6日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月6日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.22%
ナスダック100指数 前日比 +1.07%
FANG+指数   前日比 +1.04%

6日の米国株式市場は11月の米国雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比26.6万人増と市場予想を上回る増加幅となったことが好感され、上昇しました。また、中国が米国産大豆と豚肉への報復関税を免除する手続きを開始したと発表したことも、株価上昇に寄与しました。

対中追加関税第4段の未実施品目への関税適用期限である15日(日)を週末に控え、米中関係の動向が引き続き最大の焦点です。6日にクドローNEC(国家経済会議)委員長がマスコミとのインタビューで「(米中は)おそらく11月半ば時点より合意に近付いている」と発言するなど、何らかの合意に達するとの期待はあるものの、引き続き不透明感も高まっている状況です。

米中関係以外では、10日(火)~11日(水)にFOMC(米国連邦公開市場委員会)のほか、12日(木)に予定されている英国の総選挙が注目点です。特に英国の総選挙は英国のEU離脱の動向への影響が大きく注視が必要です。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着