岩永徹也さん

【スペシャルインタビュー】岩永徹也と学ぶ投資の考え方

「大切なのは損失より経験値」岩永徹也と一緒に学ぶ投資の考え方

世界人口上位2%のIQを有する者だけが所属する「JAPAN MENSA」の会員で、認定薬剤師、世界遺産検定2級など多くの資格を持ち、知識と頭脳を活かしてクイズ番組でも大活躍中の岩永徹也さん

投資に関しては全くの初心者だそうですが、少し興味がおありのようです。

そこで今回、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんを先生に、投資についてゼロから学び、考えていきます

「そもそもなぜ投資するのか?」「何から始めれば良いのか?」

岩永さんと一緒に、投資について考えていきましょう!

なんとなく投資は難しそうと距離を感じる方、必見です!

岩永徹也さん

岩永徹也(いわなが・てつや)
1986年10月16日生まれ、長崎県出身。大学卒業後、2009年に『MEN’S NON-NO』(集英社)が主催するオーディションに合格し、専属モデルとしてデビュー。認定薬剤師など多数の資格を所持し、IQ148以上を有する者のみが所属する団体「JAPAN MENSA」の会員でもある。2013年に『テラスハウス』、2016年には『仮面ライダーエグゼイド』の檀黎斗役として出演。以降、ドラマ・映画出演のほか、クイズ番組に多数出演。甘いマスクと天才的頭脳から「IQ王子」として人気を博す。

風呂内亜矢さん

風呂内亜矢(ふろうち・あや)
ファイナンシャルプランナー。1978年生まれ、岡山県出身。大手電機メーカー系SIerに勤めていたとき、マンションを衝動買いするも物件価格以外にも費用がかかることを知り、お金の勉強と貯蓄や投資を始める。マンション購入をきっかけにマンションの販売会社に転職し、自身の購入体験を交えた営業が顧客の共感を集め、売上1位の実績を上げる。2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。TV、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。著書に『超ど素人がはじめる資産運用(翔泳社)』、『ケチケチせずに「お金が貯まる法」見つけました!(王様文庫)』など。

投資は時間がかかる。短期的な成果を求めないことが鍵

投資は時間がかかる。短期的な成果を求めないことが鍵

――岩永さんは投資のご経験はないとのことですが、興味はありますか?

岩永さん
岩永さん

興味はあるんですけど、僕パソコンを持っていないので。やるなら、まずちゃんと道具を揃えたほうがいいのかなと。

風呂内さん
風呂内さん

投資は、パソコンがなくても、スマホでも始められますよ。

岩永さん
岩永さん

そうなんですね! でもやっぱり、投資でお金を増やすのは時間がかかるイメージがあって。クイズ番組で賞金を稼ぐ方が早いかなって思っちゃいます(笑)。

岩永さん

風呂内さん
風呂内さん

クイズが得意な岩永さんらしいですね(笑)。でも、「投資は時間がかかる」というのはすごく堅実なイメージをお持ちです。一発当てよう!とか、短時間で稼ぐイメージを投資に対して持っている人も結構多いんですよ。

岩永さん
岩永さん

「一発当てる」は、ギャンブルですもんね。

風呂内さん
風呂内さん

そうです。でも実際の投資で重要なのは、短期的な株価の連動に左右されることなく、長期スパンで見ていくことなんです。

岩永さん
岩永さん

短期的な成果を求めずに。

風呂内さん
風呂内さん

そう。短期的な成果を求めると、投資したお金が減ったときに焦って手放そうとしてしまいがちですが、その後また増える可能性もあるので、そのまま長く持っておいたほうがいいこともあるんです。

岩永さん

そもそもなぜ投資するのか?

そもそもなぜ投資するのか?

岩永さん
岩永さん

そもそも、みなさんが投資をするのって、お金を増やすためなんですか?

風呂内さん
風呂内さん

基本的にはそうだと思います。今は超低金利なので、預貯金でお金を預けていてもお金はほとんど増えません。モノの価値は変わっていくので、金額は同じでも相対的にお金の価値が下がることもあるかもしれない。だから、資産の一部を世の中の動きに合わせて動く資産にしよう、という考えで投資を始める方も多いです。

 

ただ、投資には当然リスクもあります。

岩永さん
岩永さん

投資のリスクって何ですか?

風呂内さん
風呂内さん

元本が保証されている預貯金と違って、元本が減る可能性もあるということです。投資は「魔法の杖」ではないので、お金が増えることもあるけれど、減ることもある。100万円が120万円になるかもしれないけれど、70万円になる可能性もある。そのリスクをちゃんと理解しておく必要があります。

岩永さん
岩永さん

「魔法の杖」はどこにも売ってないですもんね。ちなみに、お金を増やすこと以外に、投資の面白さって何があるんですか? お金だけに着目すると、増えたら面白いけど、減ったら面白くなくなってしまう気がするんですけど。

風呂内さん
風呂内さん

いい質問ですね。たとえば、世の中のニュースの答え合わせができることは面白いと思います。投資をしていると、トランプ大統領の発言で株価が下がるとか、政治・経済のニュースが身近に感じられるんです。

岩永さん
岩永さん

なるほど。政治や経済の勉強にもなりそうですね。

岩永さん

風呂内さん
風呂内さん

そうなんです。お金を増やす以外にもメリットがあり、意外と誰にでも身近に感じられる側面もあるんです。しかし、日本で投資する人は一部に留まっているのが現状なんです。

岩永さん
岩永さん

そうなんですか?

風呂内さん
風呂内さん

この20年で米国の金融資産は2.7倍増えましたが、日本は1.4倍にしか増えていないんです。

岩永さん
岩永さん

え?なぜ?

風呂内さん
風呂内さん

アメリカは金融資産の4〜5割を変動資産――つまり投資に回しているのに対して、日本は1割ほどなんです。ほとんどの人が貯蓄はしていても、投資はあまりしていないんですね。もちろん、日本とアメリカの経済の伸び率の違いも無視はできません。しかし、加えて金融資産の持ち方の差も、個人の金融資産の増え方に影響を与えたと言われています。

岩永さん

岩永さん
岩永さん

なるほど日本人はあまり投資をしていないんですね。

「損失を恐れるより、経験値を得たい」

「損失を恐れるより、経験値を得たい」

岩永さん
岩永さん

そもそも投資って、何から始めたらいいんですか?

風呂内さん
風呂内さん

まずは投資用の口座を開くところからスタートです。証券会社や銀行などで口座を開設したら、金融商品を選んで購入します。

岩永さん
岩永さん

どの会社の株がいいかを自分で調べて、買えばいいんですかね?

風呂内さん
風呂内さん

そういうやり方もありますが、投資には株式投資以外にもいろんな種類があるんです。「投資信託」って聞いたことありますか?

岩永さん
岩永さん

いや、初めて聞きます。

風呂内さん
風呂内さん

株式投資は、自分がお金を出して会社の株主になるわけで、投資したA社の調子がよければいいですが、悪ければお金は減っていく――つまり、リスクが高い。投資信託は、いろんな会社の株がひとつのパッケージになったものなので、A社の調子が悪くてもB社の調子が良ければ、相対的に大きくお金が減ることはありません。

 

株式投資より、リスクが分散できるんです。

岩永さん
岩永さん

なるほど、福袋的なものですね。

「損失を恐れるより、経験値を得たい」

風呂内さん
風呂内さん

はい。しかも投資信託は100円から分散投資ができるんです。株式は、通常100株単位で購入するので、1株5000円だったら50万円の元手が必要になります。

岩永さん
岩永さん

なるほど……。でも僕は、やるなら、しっかり会社の情報を調べた上で、リスクを取って株式に挑戦したいですね。福袋で誰かにお任せするより、自分で株式のルールを知って、勝つ能力を身に付けたい

風呂内さん
風呂内さん

おお。多くの人は伸るか反るかが怖いので、中庸な選択肢を取りたくなりがちです。大失敗か大成功かを選ぶのは勇気がいりますからね。でも、岩永さんは、福袋で中途半端なものを手に入れるよりも、最上の一枚を手に入れたいと。失敗する怖さはありませんか?

岩永さん
岩永さん

失敗する怖さがあったら、最初からやらないですね。

 

僕はお金の損失よりも経験値で考えます。例え100万円を失ったとしても、そこに至るまでの過程で経験値が高まればそれで良い、そう考えます。

風呂内さん
風呂内さん

潔いです。その考え方は、株式投資に向いていると思います。逆に、岩永さんのように大きなリスクを背負えない方には投資信託がおすすめです。もちろん投資信託もお金が減る可能性がゼロではないですが。

岩永さん

「将来のための貯蓄より、稼ぐ能力を今、身につけたい」

「将来のための貯蓄より、稼ぐ能力を今、身につけたい」

――岩永さんは、将来に備えて貯金はしていますか?

岩永さん
岩永さん

貯金はできてますけど、はっきりと意思を持って「しよう」とは思ってないです。おじいちゃんになったときのことよりも、今が大事なので。将来にお金を貯めておくのではなく、今、自分の能力を磨きたい。僕は、自分自身に投資をしているんだと思います。

風呂内さん
風呂内さん

なるほどー! 具体的にはどんなことにお金を使って、自分への投資をしているんですか?

岩永さん
岩永さん

語学学校に通ったり、楽器を習いに行ったり、旅行をしたり、資格を取って知識を増やしたり。かたちのないものにお金を使うことが多いですね。将来のために100万円を貯めるより、100万円を稼ぐ能力を、今、身につけたいんです

岩永さん

風呂内さん
風呂内さん

なるほど! 貯蓄や投資など金融資産だけでなく、自分の生き方や力を、将来の資産として考えるのは、確かに大切なことだと思います。

岩永さん
岩永さん

でも、実際は、将来に活かそうと思ってやっているわけではなく、自分が好きなことをやっているだけなんです。未来は不確定要素が強いから、変わっていく将来に向けて、今は準備しなくてもいいかなって。それよりも今の自分を楽しませたいんです。

風呂内さん
風呂内さん

クールな考え方ですね!

岩永さん
岩永さん

株式の投資を始めるなら、投資を好きでやっている人の横で見て覚えて、データを調べて、本格的にやってみたいですね。

風呂内さん
風呂内さん

そのときは、ぜひまたお話を聞かせてください。

編集部より

自分の生き方や力を、将来の資産として考える岩永さんにとって“投資”とは、“自分の能力を磨くこと”でした。

また、損失が発生しても自らの経験値となればOKという考え、そして今の自分を楽しませたいというクールな価値観も話してくれた岩永さん。

投資と聞くと株や不動産が思い浮かび、何だか難しそうだなと距離を感じてしまう人も多いかもしれません。しかし、岩永さんのように「投資とは何か」を考えることで、投資を身近に感じることができるかもしれません。

今回の話を参考にして、自分なりの投資を考えてみることをおススメします!

岩永さん、ありがとうございました!

岩永さん

岩永さん

岩永さん

〈取材・文=徳 瑠里香(@rurika109)/撮影=伊藤 圭(http://kei-ito.boy.jp)〉

あわせて読みたい

あなたにおすすめの記事

新着