米国マーケット情報(現地11月29日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地11月29日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.40%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.49%
FANG+指数   前日比 ▲0.54%

感謝祭休場明けとなった29日の米国株式市場は、香港人権法が成立したことに対して中国が報復措置を取ると発言したことが嫌気され下落しました。感謝祭明けの短縮取引で取引が活発ではない中、S&P500指数では11セクター全てが下落しました。

今週は2日(月)にISM製造業景況感指数、4日(水)にISM非製造業景況感指数、6日(金)に米国雇用統計など、重要統計の発表が予定されています。株価が底堅く推移する中、市場予想を大きく下回る数値とならないかには注視が必要と考えます。

経済統計以外では引き続き、米中通商協議に関する両国政府の発表や報道、米国年末商戦に関する各種報道も注目材料です。11月28日の感謝祭から本格化した米国の年末商戦は、感謝祭~週末のオンライン売上は底堅い内容であったことが報じられており、株式市場にとってはポジティブ材料です。今後、年末商戦の動向に関する報道も増えてくることが想定され、市場期待通りの底堅い内容となるかが注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着