米国マーケット情報(現地11月26日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地11月26日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.20%
ナスダック100指数 前日比 +0.17%
FANG+指数   前日比 ▲0.41%

26日の米国株式市場はニューヨーク・ダウ、ナスダック100指数が連日で史上最高値を更新しました。引き続き市場の関心は米中の通商協議で、この日は中国商務省が、第一段階の合意へ向けた協議の継続で意見が一致したと発表したことが好感されました。しかし、協議進展への期待だけでは積極的に上値を追う動きには至らず、高値警戒感からの利食い売りも見られ、FANG+指数は、この日香港でも上場したアリババが上昇した一方、電気自動車メーカーのテスラや半導体メーカーのエヌビディアなどが下落し、指数全体としては下落しました。

28日が感謝祭の休日にあたるため、米国株式市場はその前後で薄商いとなりそうです。感謝祭から本格化する年末商戦は小売企業の業績を大きく左右するだけに、年末にかけて注目が集まります。米中協議が決裂しなければ、株価が大きく調整する可能性は低く、堅調な雇用情勢を背景に、年末商戦は盛り上がりが期待されます。経済指標は低金利を受けて住宅関連が軒並み好調ですが、来週公表予定の製造業、非製造業の景況感指数や雇用統計が当面の景気見通しを左右しそうです。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着