米国マーケット情報(現地11月22日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地11月22日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.39%
ナスダック100指数 前日比 +0.08%
FANG+指数   前日比 ▲0.44%

まいど!米穀男や。22日の米国株は全体的に堅調な推移になったで。中国の習近平国家主席が米中関係について前向きなことを言うたり、トランプ大統領が米中協議について「合意の可能性は非常に高い」て言うたりしたことが好感されたんや。それから、Markit社が発表した米国のPMI(企業の景況感を示す指標)が市場予想を上回ったこととかも投資家心理の改善につながったみたいやで。一方で、新車発表会でアクシデントがあったテスラが前日比6%を超える下落になったことが影響して、FANG+指数はマイナスになってしもたわ。

25日は特に重要な経済指標の発表はないさかい、引き続き米中関係の動向に左右される相場展開が続きそうや。トランプ大統領は議会を通過した香港人権法案にまだ署名してへんけど、署名をためらうことによって中国への配慮を示しとるっちゅうことやと思うで。通商協議に影響が出らんように地ならしをしとるように見えるさかい、香港人権法が成立しても通商協議が決裂してしまうほどの関係悪化にはならんのとちゃうやろか。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着