米国マーケット情報(現地10月30日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地10月30日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.43%
ナスダック100指数 前日比 +0.44%
FANG+指数   前日比 +0.40%

30日の米国株式市場は上昇しました。注目されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)において、事前の市場予想通りではあるものの0.25%の利下げが実施されたことが好感されました。声明文の一部変更により利下げは今回をもっていったん様子見との見方が市場で広がったものの、株式市場がネガティブ視する様子はありませんでした。

今週最大の注目点であったFOMCを無難に通過し、残る注目点は週末発表予定の10月雇用統計やISM製造業景況感指数とみられます。雇用統計は一部企業のストライキの影響で今月の雇用者数の増加幅は弱い数字が予想されており、見掛けの数字よりは市場予想対比がより重要です。また、ISM製造業景況感指数は2ヵ月連続で好不調の境目となる50を下回る状況が続いており、底打ちが見られるかがポイントです。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着