米国マーケット情報(現地10月25日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地10月25日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.57%
ナスダック100指数 前日比 +0.78%
FANG+指数   前日比 +1.96%

25日の米国株式市場は米中通商協議の進展期待により上昇しました。米国のライトハイザーUSTR代表とムニューシン米財務長官及び中国の劉鶴副首相が協議を行い、その後、USTRが「特定の問題で進展があった」とコメントしたことが伝えらたことを市場は好感しました。特にFANG+指数は、黒字転換の決算を発表した電気自動車メーカーのテスラが大きく上昇したことが寄与し2%近い上昇となりました。

今週は29-30日に米国FOMC(米国連邦公開市場委員会)が予定されています。市場では25bpの利下げが予想されており、予想通りの利下げとなるかに加え、今後の金融政策に対して方向性が示されるかが注目されます。経済統計では週末発表予定の10月の米国雇用統計が市場への影響が大きい統計になることが予想されます。

米中通商協議については、両国が何らかの合意に至るとの期待が高まっています。部分合意のための米中首脳会談が開催されるのであれば、11月16-17日に予定されているAPEC首脳会議前後が想定され、具体的な日程が今後示されてくるか注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着