米国マーケット情報(現地10月24日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地10月24日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.11%
ナスダック100指数 前日比 +0.98%
FANG+指数   前日比 +0.36%

まいど!米穀男や。24日の米国株は決算発表を材料に明暗が分かれることになったで。業績見通しの引き下げを発表した3MがNYダウを押し下げた一方で、好業績を発表したマイクロソフトとかがナスダック100指数を押し上げたんや。FANG+指数では、テスラが前日比+17.67%とどえらい上昇したんやけど、ツイッターが▲20.81%とこれまたどえらい下落して、結局は小幅なプラスに終わったで。

 

警戒されとったペンス副大統領の演説は思っとったよりは平穏な感じで終わったで。Markit社が公表した米国の10月製造業PMI(企業の景況感を示す指標)は前月の51.1から51.5に改善したし、経済に対する過度な懸念も後退しとるで。企業の決算発表も市場予想を上回るものが優勢や。でも、ニューヨーク・ダウやナスダック100指数が最高値を更新するためには、なんか足らんのよな。ブレグジット(英国のEU離脱)の動向か、来週のアップルの決算発表か、米中の協議進展か、なんか分からんけどドカーンとええ材料が出てきて欲しいもんや。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着