米国マーケット情報(現地10月22日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地10月22日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.15%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.83%
FANG+指数   前日比 ▲1.44%

22日の米国株式市場は、企業決算や個別の材料に反応しつつ、まちまちの動きとなりました。指数全体では、取引終盤に、英国でEU(欧州連合)離脱協定法案を短期で審議する案が否決されたことを受けて下落し、この日の安値圏で取引を終えました。3指数とも下落しましたが、いずれも21日の上昇に見合った程度の下落であり、21、22日を通じて見れば、さほど変化していません。

今週は引き続き個別企業の決算が注目されます。9月から対中関税第4弾の一部が発動されており、12月には残りが発動される予定のなか、企業の業績見通しに大きな変化がないか確認が必要です。経済指標では耐久財受注や景況感指数が注目されます。英国のEU離脱を巡る動向からも目が離せません。今月末に離脱期限が迫っていますが、離脱期限の延長が取りざたされています。合意なき離脱が回避される限り、市場への悪影響は限定的と思われます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着