米国マーケット情報(現地10月15日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地10月15日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.89%
ナスダック100指数 前日比 +1.28%
FANG+指数   前日比 +1.70%

15日の米国株式市場は好決算を受けて、ヘルスケアや金融を中心に大きく上昇しました。半導体関連も好調でした。英国とEUが離脱合意に近づいているとの報道も、相場上昇の追い風となりました。ニューヨーク・ダウは終値で約1カ月ぶりに27,000米ドル台を回復しました。

今後本格化する7-9月期の決算が当面の注目材料です。対中関税がどの程度業績に影響しているかを見極める必要があります。その対中関税ですが、米国と中国との間で部分合意はされたものの、最終的に文書として署名されるまで、米国と中国との間で駆け引きが予想されるため、今後の展開には要注意です。欧州では10月17、18日に開催予定の欧州首脳会議が最大の注目材料です。英国とEUが離脱合意に至れば、市場では大いに好感されるでしょう。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着