米国マーケット情報(現地10月1日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地10月1日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲1.28%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.84%
FANG+指数   前日比 ▲0.40%

10月1日の米国株式市場は反落しました。米中通商協議の進展期待などから上昇して取引を開始しましたが、9月のISM製造業景況感指数が市場予想と前月値を大きく下回り、2ヶ月連続で好不調の境目とされる50を割り込んだことから、景気鈍化への懸念が高まり、下落に転じました。

 

ISM製造業景況感指数が2ヶ月連続で好不調の境目とされる50を割り込むとともに、2009年6月以来の低水準となりました。また、同日に発表された8月の建設支出も市場予想を下回るなど、足元の経済統計はやや弱含む傾向が見られ、米中貿易摩擦の影響による景気鈍化の顕在化が懸念されます。2日は9月のADP雇用統計の発表や、リッチモンド、フィラデルフィア、ニューヨークの各地区連銀総裁の講演が予定されています。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着