米国マーケット情報(現地9月27日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月27日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.26%
ナスダック100指数 前日比 ▲1.16%
FANG+指数   前日比 ▲1.91%

27日の米国株式市場は、米国政府が米国から中国への投資を制限する施策の一環として、米国株式市場における中国企業の上場廃止を検討していると報じられたことで懸念が広がりました。これにより、特にアリババやバイドゥの中国企業が指数構成銘柄として含まれ、その比率も高いFANG+指数の下落幅が大きくなりました。

米中関係は閣僚級協議が10月10日、11日に開催予定と一部で報じられるなど一定の進展がある一方、上記、投資規制の懸念が新たに出るなど一進一退の状況です。同問題が株式市場に与える影響は大きく、引き続き注視が必要です。

経済指標では月初の注目統計が複数発表されます。1日はISM製造業景況感指数、3日はISM非製造業景況感指数がそれぞれ発表予定であるほか、4日は9月の米国雇用統計が発表予定です。特にISM製造業景況感指数は前月に好不調の節目となる50を割り込んだため、50台を回復出来るか否かが注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着