米国マーケット情報(現地9月25日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月25日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.61%
ナスダック100指数 前日比 +1.21%
FANG+指数   前日比 +2.67%

25日の米国株式市場は、トランプ大統領が記者団に対して「中国との合意が意外に早く実現するかも知れない」との趣旨の発言を行ったことが材料視され大きく反発しました。特にIT株の上昇が目立つ中、FANG+指数は全銘柄が上昇となりました。また、24日の相場下落材料となったトランプ大統領に対する弾劾調査が開始された問題は、政権側がウクライナとの通話記録を公開しました。市場では、ウクライナ側にはっきりと圧力を掛けた様子はみられなかったこと等から同問題への懸念も後退しました。

トランプ大統領の弾劾問題について、市場では議会で弾劾可決に必要となる議席数の問題から弾劾の可能性は低いと考えられていますが、引き続き、状況の注視は必要です。

また、相場への影響力が大きい米中通商協議については、10月に閣僚級協議が再開される見込みとなったことで進展期待が高まっております。しかし、同問題は一つ一つの材料に市場期待が変動しやすく、両国の政府高官発言が注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着