米国マーケット情報(現地9月24日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月24日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.53%
ナスダック100指数 前日比 ▲1.39%
FANG+指数   前日比 ▲3.24%

24日の米国株式市場は下落しました。中国政府が米国産大豆を報復関税なしで輸入できる措置を導入したとの報道などから、上昇して取引を開始しました。しかし、トランプ大統領が国連総会での演説において中国に対して強硬姿勢を示したことや、民主党によるトランプ大統領への弾劾機運の高まりなどを嫌気して下落に転じました。FANG+指数は、テスラが前日比で▲7%以上下落したのを筆頭に、全ての構成銘柄が下落しました。

24日に発表された消費者信頼感指数やリッチモンド連銀製造業景況指数などの経済統計が市場予想を下回るとともに、前月からも悪化を示す結果となりました。米中貿易摩擦による景気への影響が懸念されていることから、通商協議の行方と今後発表される経済統計への注目度はますます高まると思われます。また、民主党のペロシ下院議長が、トランプ大統領の対ウクライナ支援保留の決定について、国家安全保障を損ね、憲法に違反するとみられると指摘し、弾劾調査を開始すると発表しました。トランプ大統領は25日にもウクライナの大統領との電話会談記録を公表すると表明しており、今後の弾劾調査の動向からも目が離せない状況となりました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着