米国マーケット情報(現地9月19日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月19日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.19%
ナスダック100指数 前日比 +0.17%
FANG+指数   前日比 ▲0.21%

まいど!米穀男や。19日の米国株はまちまちやったで。前日に重要イベントのFOMC(米国連邦公開市場委員会)を無難に通過したっちゅうこっちゃし、新たな材料待ちで方向感の乏しい展開やったな。個別銘柄でいうたら、最大400億米ドル規模の自社株買いプログラムと増配を発表したマイクロソフトが買われて、一時過去最高値を更新する場面もあったで。

19日から米中の次官級で通商協議が始まっとるで。来月上旬に予定されとる閣僚級会合に向けて協議が進展するか要注目や。話は変わるんやけど、日本は23日が秋分の日で祝日らしいな。すんませんが、20日の米国マーケット情報(23日配信)は休ませてもらいます。20日は特に経済指標の発表はないんやけど、23日はマークイット社から米国の企業の景況感を示す指標が発表されるで。特に製造業の景況感指数が好不況の節目やっちゅう50を維持できとるかどうかは確認しとかなあかんな。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着