米国マーケット情報(現地9月16日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月16日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.52%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.51%
FANG+指数   前日比 ▲0.48%

16日の米国株式市場は下落しました。サウジアラビアの石油施設への攻撃から原油供給への懸念が高まりました。供給懸念から原油先物相場は急騰し、企業の生産活動や個人消費などへの影響が懸念され、ニューヨーク・ダウは9営業日ぶりに下落しました。

先週までの米国株式は、通商問題に関して米中双方に歩み寄りの姿勢が見られたことなどを好感して上昇となり、主な株価指数は史上最高値更新を伺う展開となりました。今週は中東情勢と石油価格動向、米中通商協議に関する動向、17-18日開催予定のFOMC(米国連邦公開市場委員会)など多くの相場材料があり、米国の主な株価指数が史上最高値を更新するような好材料が出てくるのか注目が集まります。また、経済統計の発表も予定されており、8月の鉱工業生産、9月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数、8月の景気先行指数などが注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着