米国マーケット情報(現地9月10日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月10日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.28%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.23%
FANG+指数   前日比 +0.11%

10日の米国株式市場は前日と同様にまちまちの動きとなりました。一部メディアの報道を受けて米中通商協議進展への期待が高まったことや、世界的な景気減速への過度な不安が後退したことなどから底堅い推移となりました。ニューヨーク・ダウが5日続伸となる一方で、ナスダック100指数は3日続落となりました。

米中通商協議進展への期待や景気減速への過度な不安が後退したことなどを背景に、足元で長期金利が反発・上昇してきました。この金利上昇を受けて、株式市場では物色動向に変化が現れています。長期金利の低下局面では、相対的に値動きの悪かった銀行株を筆頭とするバリュー株に買いが集まる一方で、これまで買われてきたグロース株を敬遠する動きが出始めました。この物色動向の変化の継続性に関して、市場では注目が高まっています。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着