マンガで学ぶ「暴落学」

ノウハウ

マンガで学ぶ「暴落学」

第1話 “暴落学”とは?

投資を行っていると「株価が大きく下がったらイヤだなぁ」とか「リーマンショックのような暴落が起こったらどうすればいいんだろう…」と、不安に思うことはありませんか?

そこで当連載では、過去に株式市場が経験した「暴落」(=株価が大きく下がる局面)にフォーカスします。

暴落が起こった背景とその後の復活劇を「暴落学」の専門家であるガク教授が解説していきます。暴落について学び、投資の継続力を高めましょう!

それでは、マンガで学べる「暴落学」スタートです!

ガク

大学で「暴落学」の講義を行っている准教授。暴落の研究者。普段は物静かだが、暴落について話し出すと熱くなる。甘いものが好き。

トウコ

ガクの妹。おしゃべり好きで明るい一方、心配性な一面もある社会人3年目。老後の不安を払拭しようと資産形成を決意し、インデックスファンドを購入して投資を開始。

暴落学とは?

次回「第2話 史上最恐の暴落!? “ウォール街大暴落”」へ続く

※指数について
・NYダウはS&P Dow Jones Indices LLCの登録商標です。

あわせて読みたい

佐木郁

佐木郁

Twitterで掲載したサイレント恋愛漫画が話題となり「好きって言うのに、言葉はいらない」ほか書籍化。書籍カバー、CDジャケットやキャラデザなど幅広く活躍。

あなたにおすすめの記事

新着