米国マーケット情報(現地9月6日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月6日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.26%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.13%
FANG+指数   前日比 ▲0.72%

6日の米国株式市場は、中国人民銀行の預金準備率引下げや米国政府高官が米中関係についてややポジティブな発言が行われたことを好感し、ニューヨーク・ダウは3日続伸となりました。一方、米国の複数の州がフェイスブックを反トラスト法違反の疑いで調査を開始したとの報道により同社株が下落したこと等が影響し、FANG+指数は下落しました。

6日に発表された米国雇用統計は非農業部門雇用者数の前月比が市場予想を下回ったものの、10万人増台は維持したため、大きく懸念されることはありませんでした。

今週は9月17-18日にFOMC(米国連邦準備制度理事会)が控える中、12日(木)にECB(欧州中央銀行)理事会が開催予定であり、金融緩和策が発表されるかが注目されます。

米国の経済統計では、13日(金)に8月の小売売上高が発表されます。世界的に製造業の事業環境に減速感が見られる中、米国内需の堅調さが継続しているのか否かは重要な点の一つであり、注目です。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着