米国マーケット情報(現地9月5日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月5日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.41%
ナスダック100指数 前日比 +1.86%
FANG+指数   前日比 +2.99%

まいど!!!米穀男や。5日の米国株は大幅高やったで。中国商務省が米中閣僚級会合を10月上旬に開催予定やっちゅうことを発表したほか、注目されたADP雇用統計やISM非製造業景況感指数が市場予想を上回ったことが好感されたんや。

3日に発表されたISM製造業景況感指数は好不況の節目やっちゅう50を3年ぶりに下回ったんやけど、非製造業の方は56.4で好調な結果やったで。米中貿易摩擦による影響とかで製造業の景況感は悪化しとるけど、米国ではGDPに占める製造業の割合は1割ちょっとしかないさかい、今んとこ経済全体では調子ええって言えるんちゃうやろか。もっとも、製造業の景況感の悪化が他の産業に波及する可能性も考えられるさかい、引き続き米中関係の動向やこれから出てくる経済指標をしっかりチェックしていきたいところや。

6日は雇用統計の発表が予定されとるで。先立って発表されたADP雇用統計が強い結果やった一方で、ISM製造業景況感指数とISM非製造業景況感指数はどっちも雇用の項目が前月から悪化しとったさかい、雇用統計がどんな結果になるんか要注目やで。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着