米国マーケット情報(現地9月2日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地9月2日)

9月2日の米国株式市場は、レイバー・デー(労働者の日)の祝日のため休場でした。レイバー・デーは米国における連邦政府の祝日の一つで、9月の第1月曜日と定められています。

9月に入り、米国が対中追加関税第4弾の一部を発動し、中国も報復関税を発動したことで世界的な景気減速の懸念が高まりつつあります。2日には、中国が、米国の対中追加関税第4弾の一部を発動したことに対して、WTO(世界貿易機関)に提訴を行ったと表明しました。また、一部の報道で、米中高官が9月の米中通商協議の日程調整で難航していると伝えられるなど、米中通商問題の行方は依然として不透明な状況が続いています。

3日には注目度の高い経済統計の一つであるISM製造業景況感指数の発表が予定されています。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着