米国マーケット情報(現地8月28日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地8月28日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.00%
ナスダック100指数 前日比 +0.29%
FANG+指数   前日比 +0.11%

28日の米国株式市場は上昇しました。ジョンソン英首相が10月中旬まで議会を休会とする方針を表明したことから、審議時間の不足でEU(欧州連合)からの「合意なき離脱」の可能性が高まったとの見方が広がり、米国株式は軟調なスタートとなりました。しかし、原油先物価格の値上がりを受けてエネルギー関連株が上昇したことや、米国債の長短金利の逆転(逆イールド)幅の縮小を好感した金融関連株の上昇に支えられ、徐々に下値を切り上げる展開となりました。

USTR(米国通商代表部)は、約3,000億米ドルの中国からの輸入製品に対する追加関税率を5%引き上げて15%とするトランプ大統領の案を承認しました。これにより、対象品目の一部に9月1日から15%の関税が課せられ、携帯電話端末などを含む残りの品目に対し12月15日から15%の関税が課せられることとなりました。米国が着々と中国への制裁強化を進める中、中国側からは依然として通商協議再開などに関する前向きな表明がないことから、米中貿易摩擦激化へ警戒感は高まったままとなっています。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着