米国マーケット情報(現地8月20日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地8月20日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.66%
ナスダック100指数 前日比 ▲0.71%
FANG+指数   前日比 ▲0.37%

20日の米国株式市場は、反落しました。イタリアのコンテ首相が辞任を表明し、イタリアの政局不安が高まったことなどから欧州株式がほぼ全面安となり、米国株式も金融関連株を中心に投資家のリスク回避的な姿勢が強まりました。

景気減速懸念が強まりつつある中、中国やドイツが景気下支え策を表明したことに続き、米国でもトランプ大統領が政府として給与税やキャピタルゲイン税の税率引き下げの可能性を検討していることを明かすなど、各国で景気対策が検討され始めています。米中通商問題に関しては、ポンペオ米国務長官が米中両国のチームは電話協議を続けるとの見通しを示したと伝えられる一方で、トランプ大統領が中国と取引する用意はないとコメントするなど、協議の進展が見通せない状況が続いています。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着