米国マーケット情報(現地8月16日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地8月16日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.20%
ナスダック100指数 前日比 +1.59%
FANG+指数   前日比 +2.45%

16日の米国株式市場では、ドイツが景気後退に備え財政均衡ルールを撤廃する用意を整えると報じられたことや、米国10年国債利回りの低下が一服したことなどから安心感が広がり、各株価指数は上昇しました。

今週は米国小売業の2019年5-7月期決算発表の集中週です。対中追加関税第4弾は一部品目への導入が2019年12月に先送りされたものの、新たな関税が導入される見込みとなったことで、各社の業績ガイダンスへの影響や価格戦略への言及が注目されます。また、23日にはパウエルFRB(米国連邦準備制度理事会)議長の講演が予定されています。タイトルは「金融政策の課題」(Challenges for Monetary Policy)とされており、今後の政策に対する示唆がなされるか否かが注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着