米国マーケット情報(現地8月12日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地8月12日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲1.48%
ナスダック100指数 前日比 ▲1.11%
FANG+指数   前日比 ▲1.31%

12日の米国株式市場は大幅に下落しました。金曜日にトランプ大統領が9月の米中通商協議に関して「中止になる可能性がある」などと発言し米中貿易摩擦への懸念が強まる中、香港国際空港がデモの影響で運休に追い込まれたことに対して、中国当局が「テロリズム」の兆しが見られ始めたとの認識を示したことなどから地政学リスクが高まりました。

トランプ大統領がファーウェイとの取引に否定的な見解を示し、米国に米中通商合意の用意がないなどと述べたことから、過度な懸念がいったんは後退するかにみえた米中通商問題ですが、再びその懸念が強まりつつあります。加えて、デモによる抗議行動が続く香港情勢の緊迫化、現職の大統領が予備選挙でポピュリストの野党候補に敗北したアルゼンチンの政局不安台頭など、金融市場は悪材料が重なり不安定な状況となっています。また、今週は消費動向や製造業の景況感を示す重要な経済統計の発表もあることから、これらの結果や内容も注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着