米国マーケット情報(現地8月8日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地8月8日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.43%
ナスダック100指数 前日比 +2.29%
FANG+指数   前日比 +2.16%

まいどー!! 米穀男や。8日の米国株はえげつない上昇やったで。中国人民銀行が人民元の基準値を2008年以来初めて1米ドル=7元よりも元安水準に設定したんやけど、市場予想よりは元高やったし、その後の為替レートが落ち着いた値動きを示したさかい、過度な懸念が和らいだみたいや。FRB(米国連邦準備制度理事会)の追加利下げへの期待も株式市場の追い風になったで。

取引終了後には、中国が米国からの農産物購入を停止したことに対抗して、米企業がファーウェイとの取引を再開するためのライセンスの付与をホワイトハウスが先送りしとるっちゅう報道が出とったで。この数日で株価はだいぶ戻してきたんやけど、米中関係の改善にはもう少し時間がかかりそうやな。話は変わるんやけど、日本は12日が山の日の振替休日らしいな。すんませんが、9日の米国マーケット情報(12日配信)は休ませてもらいます。9日と12日はマーケットを大きく動かしそうな経済指標の発表はないさかい、引き続き米中関係や人民元の動きとかに注目っちゅうこっちゃな。ほな、ええお盆休みを。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着