米国マーケット情報(現地8月6日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地8月6日)

ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.21%
ナスダック100指数 前日比 +1.42%
FANG+指数   前日比 +1.38%

6日の米国株式市場は反発しました。中国側が人民元の安定化に向けた動きを見せたことや、クドロ-NEC(米国家経済会議)委員長が「トランプ大統領は貿易交渉の継続を望んでおり、協議に向け9月に中国の使節団を迎えることを検討している」との発言などから、米中対立への過度な懸念が後退しました。

中国側が人民元の安定化に向けた動きを見せたことなどから、過度な懸念はいったん後退しましたが、米国は既に中国を為替操作国に認定していることから、今後の米国側の対応には注意が必要と思われます。米国側の対応としては、中国と協議を実施するか、IMF(国際通貨基金)に是正を働きかけるといった方法があるようですが、IMFは7月の報告書で人民元は基礎的条件に沿った水準と発表していることから、中国と協議する方法を選択する可能性が高いと考えられます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着