米国マーケット情報(現地7月30日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地7月30日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.09%
・ナスダック100指数 前日比 ▲0.46%
・FANG+指数   前日比 ▲0.39%

30日の米国株式市場は下落しました。FOMC(米国連邦公開市場委員会)を控え、様子見姿勢が強まる中、トランプ大統領が「中国は米国産農産物の輸入を開始するはずだったのに、その兆しが一切ない」などと述べたことから、中国・上海で再開した米中閣僚級協議への懸念が高まり、軟調な推移となりました。

31日はFOMCの結果が発表されます。利下げの実施は既に市場に織り込まれているとみられますが、発表後の市場の反応が注目されます。ピークを迎えつつある主要企業の決算発表では、30日の取引時間終了後に発表されたアップルの決算が売上、利益ともに市場予想を上回る好決算となり、株価は時間外取引で大幅上昇となっています。31日は注目度の高い半導体関連の大手企業の決算発表が予定されています。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着