米国マーケット情報(現地7月18日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地7月18日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.01%
・ナスダック100指数 前日比 +0.19%
・FANG+指数   前日比 ▲1.27%

まいど!米穀男や。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁による予防的な利下げを支持する発言に支えられて、ニューヨーク・ダウとナスダック100指数は反発したで。一方、前日の決算発表が嫌気されたネットフリックスが前日比▲10%の急落で、FANG+指数は大幅下落や。

18日に発表された経済指標でいうたら、フィラデルフィア連銀が集計しとる製造業の景況感を示す指数がやたらと改善しとったで。今週の月曜に発表されたニューヨーク連銀が集計しとる指数も急回復しとったし、やっぱり先月発表されたデータが悪かったんはメキシコへの関税に対する懸念とか一時的なもんやったっちゅうことやな。火曜に発表された小売売上高も強かったし、米国経済は全般的に堅調なんやけど、ウィリアムズ総裁の発言もあって今月末の会合では0.5%利下げするっちゅう見方が増えてきとるんや。会合まで1週間ちょっとやけど、利下げ幅が0.25%になんのか0.5%になんのか、その思惑で株式市場も上下しそうやで。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着