米国マーケット情報(現地7月11日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地7月11日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.85%
・ナスダック100指数 前日比 ▲0.08%
・FANG+指数   前日比 +0.07%

まいど!米穀男や。11日の米国株は全体的に方向感なかったな。でも、トランプ政権が薬価引き下げに関する方針を転換させたっちゅうことで医療保険大手のユナイテッドヘルス・グループが買われた影響もあって、ニューヨーク・ダウの上昇が目立っとったわ。ニューヨーク・ダウは初の2万7,000ドル突破で史上最高値更新や!

トランプ大統領がツイッターに「中国はワシらをがっかりさせとるで。中国は農産物買うっちゅうとったのに、まだ買うてないやないか。はよ始めんかい!」って投稿して中国にプレッシャーかけとったさかい、米中関係がどうなっていくか気にしとかなあかんで。話変わるけど、日本は15日が海の日で祝日らしいな。すんませんが、12日の米国マーケット情報(15日配信)は休ませてもらいます。15日は、中国でGDPとか重要な経済指標が発表されるし、米国でもニューヨーク連銀が集計しとる製造業の景況感を示す指標が発表されるさかい、要注目やで。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着