米国マーケット情報(現地6月21日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地6月21日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.13%
・ナスダック100指数 前日比 ▲0.12%
・FANG+指数   前日比 ▲0.08%

6月21日の米国株式市場は、ペンス副大統領が中国の政策に関する演説を延期したと報じられたことで米中関係改善の期待が高まりました。一方で米国商務省が、中国のスーパーコンピューター関連企業等を米国企業との取引を制限するリストに加えたことから株価は一進一退の動きとなりました。

今週最大の注目は28日~29日に大阪で行われるG20サミットにおいて開催が見込まれている「米中首脳会談」の動向です。経済への影響が大きいと市場で懸念されている「中国に対する追加関税第4弾」について、導入見送りや延期など何らかのポジティブな発表が米国側から行われるか否かが注目されます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着