米国マーケット情報(現地6月17日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地6月17日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.09%
・ナスダック100指数 前日比 +0.63%
・FANG+指数   前日比 +1.75%

まいどー!!!米穀男や。17日の米国株は全体的に小動きで、個別銘柄への物色が目立った一日やったで。フェイスブックが今週にも独自の仮想通貨を発表する予定やっちゅう報道が出て買われとったし、テスラもえらい上昇しとったで。

17日に発表された経済指標でゆうたら、ニューヨーク連銀が集計しとる製造業の景況感を示す指数があるんやけど、これがごっつ下がっとったことが話題になったで。前月からの下げ幅でゆうたら過去最高っちゅうことやけど、米国がメキシコに制裁関税かけるかもしれんちゅうときに集計時期が被ってしもうた影響もあるかもしれんねん。そやさか、一時的な低下の可能性もあるし、来月の結果も悪くならん限りはそない悲観的になる必要はないんちゃうかと思うとるで。それから、18日の株式市場がどうなるかやけど、なんちゅうても18日から19日までFOMC(米国連邦公開市場委員会)が開かれる予定やさかい、その結果待ちっちゅうことで、全体的には方向感出づらいんとちゃうかなぁて予想しとるで。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着