米国マーケット情報(現地6月12日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地6月12日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 ▲0.17%
・ナスダック100指数 前日比 ▲0.55%
・FANG+指数   前日比 ▲1.24%

12日の米国株式市場は下落しました。取引開始前に発表された消費者物価指数は前月比で小幅な伸びにとどまり、市場の利下げ期待を維持する内容でしたが、依然として中国側からG20サミットでの米中首脳会談の有無についての表明がなかったことなどから、米中通商摩擦への懸念がくすぶり軟調な推移となりました。また、一部のアナリストが半導体メモリーの需給改善は遅れる可能性があるとの見通しを示したことを受けて半導体関連銘柄が大幅に下落しました。

米中通商摩擦への懸念が徐々に強まるなか、株価は6月に入り大きく上昇してきました。この上昇は市場の利下げ期待の高まりが主な要因と考えられることから、FRB(米国連邦準備制度理事会)の金融政策動向には今後より一層の注意が必要です。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着