米国マーケット情報(現地6月7日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地6月7日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +1.02%
・ナスダック100指数 前日比 +1.94%
・FANG+指数   前日比 +1.99%

7日の朝方に発表された5月の雇用統計は市場予想を下回る弱い内容であったものの、この結果を受けてFRB(米国連邦準備制度理事会)が利下げを行うとの期待が高まり、米国株式市場は大きく上昇しました。また、「米国政府が2,000億米ドル規模の中国製品への関税引き上げ期限を2週間延期する。」との報道も株価の支援材料となりました。

メキシコへの関税賦課に対する懸念が後退したことで、市場の関心は米中通商摩擦と米国の景気動向に向かうと見られます。今週は14日(金)に米国と中国の小売売上高、鉱工業生産などの主要統計が発表予定であり、この内容が注目されます。また、G20サミットが近づく中、米中通商摩擦に関する報道も引き続き株式市場に影響を与えやすいと考えます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着