米国マーケット情報(現地6月6日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地6月6日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.71%
・ナスダック100指数 前日比 +0.76%
・FANG+指数   前日比 +0.95%

まいど!米穀男や。6月10日に予定されとる米国による対メキシコ制裁関税の発動が先送りされるんちゃうかっちゅう報道が出たさかい、6日の米国株式市場は上昇したで。これで、ニューヨーク・ダウは4日続伸やし、ナスダック100指数とFANG+指数も3日続伸や。

米国とメキシコの移民問題ならびに関税をめぐる協議は7日も続くみたいやで。まだ関税が引き上げられんて決まったわけやないから、引き続き注意しとかなあかんで。そいから、経済指標でいうたら、7日には雇用統計の発表があるんや。民間の調査会社であるADPが5日に発表した雇用者増加数が市場予想を大きく下回る結果やったさかい、7日の雇用統計に対する注目度が高まっとるで。最近はADP発表のデータとえらい乖離することがようあるさかい、あんまり心配しすぎる必要もないと思うけど、米国経済の減速が意識されとる時期やだけに要チェックやな。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着