米国マーケット情報(現地5月8日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地5月8日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.01%
・ナスダック100指数 前日比 ▲0.30%
・FANG+指数   前日比 ▲0.54%

8日の米国株式市場はニューヨーク・ダウが反発、ナスダック100指数とFANG+指数が3営業日続落となりました。前日までの2日間で大幅に下落したことや、米中通商協議合意への期待などから、各株価指数は前日比+0.5%超上昇する局面もありましたが、通商協議への不安は根強く、取引終了にかけて下落しました。

USTR(米国通商代表部)が10日付けで関税を引き上げると正式に通知し、中国も米国による関税引き上げが実施されれば、対抗措置を取ると表明するなど、米中貿易摩擦激化への懸念が高まりつつあります。しかし、トランプ大統領が「中国代表団は合意を成立させるために訪米する」とツイートし、米中通商協議合意を楽観視する態度を示したほか、米国ホワイトハウスのサンダース報道官が「中国が合意を望むことを示す情報を得た」と述べるなど、通商協議合意に向けた動きもみられます。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着