米国マーケット情報(現地4月10日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地4月10日)

・ニューヨーク・ダウ 前日比 +0.03%
・ナスダック100指数 前日比 +0.57%
・FANG+指数   前日比 +0.04%

10日の米国株式市場は、経済指標がインフレ圧力の高まりを示す内容でなかったことや、公表された3月のFOMC(米国連邦公開市場委員会)議事要旨がほぼ市場の予想通りであったことなど好感して上昇しました。

先週末に英国がEU(欧州連合)に対して離脱期限を4月12日から6月30日まで再度延期することを要請したこと受けて、開催されたEUの臨時首脳会議では、離脱期限を10月31日まで延期することで合意しました。英国が要請した期日より長期延期となった背景には、これまでの英国の状況から判断して、事態収拾のためには、より多くの時間が必要との判断があったためと思われます。これにより「合意なき離脱」は当面、回避される見込みとなり、市場では好感されると思われます。もっとも、問題が先送りされたことには変わりはなく、懸念が解消されたわけではありません。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着