米国マーケット情報(現地3月12日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地3月12日)

・NYダウはボーイングが重石で反落
・EU離脱協定の修正案が否決

12日の米国株式はまちまちの結果でした。NYダウは前日比▲0.38%、ナスダック100は前日比+0.52%、FANG+指数は前日比+0.17%となりました。航空機墜落事故の影響が懸念されたボーイングの株価が前日に続き大幅に下落したことが重石となり、NYダウは反落しました。英国でEU(欧州連合)離脱協定の修正案の議会採決を控えていたことや、米中通商協議について新たな材料がない中、米国株式はまちまちで取引を開始し、その後も方向感のない推移が続きました。取引終了前に、英国議会においてEU離脱協定の修正案が否決されましたが、株式への影響は限定的でした。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着