米国マーケット情報(現地2月28日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地2月28日)

・米朝首脳会談は合意に至らず
・経済指標は市場予想を上回る
・新たな材料待ちで方向感に欠ける

28日の米国株式は下落しました。NYダウは前日比▲0.27%、ナスダック100は前日比▲0.27%、FANG+指数は前日比▲0.23%となりました。2月27日からベトナムのハノイで開催されていた米朝首脳会談ですが、北朝鮮の非核化で合意に至ることができず、やや失望が広がりました。一方、米国の2018年10-12月期の実質GDP成長率が市場予想に比べて減速幅が小さかったこと、景況感を示す一部の指標が市場予想を大きく上回って改善したことなどから、景気減速に対する過度な懸念が後退し、米国株式は前日比プラスに浮上する場面もありました。もっとも、NYダウは前週まで9週連続で上昇するなど短期的な過熱感も意識されており、一段の上昇には新たな材料待ちという様相で方向感に欠ける値動きとなりました。結局、米国株式は前日比で小幅なマイナスで取引を終了しました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着