5歳のリアル投資日記第2回

みんなの投資事情

投資家0年生のリアル投資日記

YouTuberで有名なあの会社に注目|5歳のリアル投資日記vol.2

前回は大和投資信託のストラテジスト・長野さんに、「投資信託と株はバランスが大切だよ!」と言われました。投資信託はさまざまな株や債券がパッケージになっていて、値動きは小さいけど、安定していて長期の資産運用に適しているとのことなんですね。一方で株は値動きが大きいけど、短期でも儲けを出せる可能性があるとのこと。

ゆくゆくは投資信託を買っていくつもりですが、まずは株取引から始めたいと思います。理由は面白そうだから!

僕が大儲けするのか? はたまた資金を全部溶かすのか? 皆さんが証人になってください。いよいよ僕の投資生活が始まりました。

(連載記事の一覧はこちら)
「5歳のリアル投資日記」記事一覧

僕の最注目はYouTuberで有名なあの会社

5歳さん

初心者はまず、自分の好きな分野、興味のある分野、注目している分野で投資をするといいと言われたので、その視点でいろんな会社の株をチェックしてみました。

僕はインターネットに生きる人間なので、これからの未来を見据えた時に、どうしても外せなくて、なおかつ伸びるであろうコンテンツって動画でありYouTubeなんですよね。僕はツイッタラーなのでTwitterを推していきたい気持ちはあるんですが、多分Twitterってこれから無くなりはしないけど、今以上に人気が飛び跳ねたりもしないと思うんですよね。僕もゆくゆくはYouTuberになると思うので、その時はチャンネル登録よろしくお願い申し上げます。ブンブン。

さてさてYouTube関係で注目の会社といえば、ヒカキンを始め、はじめしゃちょー、フィッシャーズ、水溜りボンドなどなど有名YouTuberをたくさん抱えているUUUM株式会社ですよね。

うちの息子たちも父親を差し置いて、尊敬する人はヒカキンだと言っていますし、毎日欠かさずYouTubeを観ています。もちろん将来の夢はYouTuberです。今の子供たちにとってはYouTubeがテレビそのものなんですよね。僕らの小さいころとは状況は全く変わっているわけです。

YouTubeの繁栄はそのままYouTuberの繁栄でもありますから、UUUMってこれからグイグイくる会社だと思います。実際去年の夏ごろには1,700円くらいだった株価が今6,230円(2019/1/28時点)で、なんと3倍以上の値上がりですよ! これはまだまだ上がるでしょ! 買うしかないですよね!(単純)

あわよくば3億円儲けたい!

5歳さん

というわけで僕の最初の購入銘柄は東証マザーズ3990、 UUUM株式会社です。

投資はバランスが必要と言われましたが、とりあえず楽しそうなところから始めて、あわよくば3億円儲けたいと思っています。そうしたらTwitterで1億円プレゼント企画をしますので楽しみにしていてくださいね!

あと株に関しての有益な情報があれば、インサイダー取引にならない程度に教えてください! DM待ってます! よろしくお願いします!

ストラテジスト長野さんとの投資Q&A

5歳さん
5歳

僕は任天堂も注目しているんですけど、こんなにNintendo Switchが売れて、スマブラも話題になり、絶好調なニュースばかりなのに、ここ最近、株価は上がるどころか下がっています。むしろ買いなのかな? とも思うのですが、投資を始めたばかりの素人が、買いのタイミングを判断する時の指標みたいなものを教えてください。

長野さん
長野

そんな万能薬はありません!!(笑)。まあ普通、株であればPER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)配当利回りなどを見て、割安であれば買い、割高であれば売りということになります。

長野さん
長野

PERは株価と利益額を比べたものPBRは株価と純資産額を比べたもの配当利回りは株価と配当金額を比べたものです。要は、株価が会社の価値などと比べて高いのか安いのかを判断しようという指標ですが、使いこなすには、少々勉強が必要ですね。

長野さん
長野

このほか、チャート(株価などのグラフ)を見て、その形状などから買い時、売り時を見極めようという方法もあります。これをチャート分析やテクニカル分析などと呼んでいます。グラフを見るだけなので一見簡単そうですが、かなり経験が必要な職人芸といえるかもしれません。

長野さん
長野

ということで、実は素人であれ玄人であれ、買いや売りのタイミングを判断するのは非常に難しいのです。なので、大切なのは、①買いか?売りか?、どちらかのタイミングがほどほどに適切であれば良いくらいの心の余裕を持つこと②大金をつぎ込んで、のるか?そるか?の大勝負をしないことです。

長野さん
長野

そんなわけで、タイミングを考えなくて良い「積立投資」が、最近はさまざまなところでオススメされているのです。今度お会いする時は、積立投資のお話もできるといいですね。

  • 当記事は投資啓蒙を目的に作成したものであり、大和投資信託では個別の投資相談は承っておりません。
  • 当記事に掲載の情報は、すべて執筆者の個人的見解であり、大和投資信託の見解を示すものではありません。
  • 当記事で言及した企業はあくまでも参考のために掲載したものであり、個別企業の推奨を目的とするものではありません。

あわせて読みたい

ライター

5歳(嫁公認アカウント)

1983年生まれの35歳。7つ年下の嫁と、7歳と5歳の息子の4人家族。日々の家族日記をTwitterにつづる(@meer_kato)。好きなものは、嫁、息子、ビール、本。嫁に「これから子供にお金が掛かるぞ〜」と毎日耳元で囁かれている。5歳さんと嫁と息子たちとの、ドタバタで愛情たっぷりの生活を漫画にした『ぼくの嫁の乱暴な愛情』(KADOKAWA)が発売中。

あなたにおすすめの記事

新着