米国マーケット情報(現地2月21日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地2月21日)

・欧米の経済指標が悪化
・利益確定の売りに押される
・米中通商協議への期待が高まる

21日の米国株式は下落しました。NYダウは前日比▲0.40%、ナスダック100は前日比▲0.38%、FANG+指数は前日比▲1.05%となりました。ユーロ圏と米国で製造業の景況感を示す指標が市場予想を下回って悪化したことなどから、世界経済の先行きに対する警戒感が高まり、米国株式は売りに押されました。また、NYダウは先週まで8週連続の上昇で、今週に入っても上昇が続いていたことから、利益確定の売りも出やすかったと考えられます。一方、米中通商協議が進展しているとの報道があり、下値は限定的でした。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着