米国マーケット情報(現地1月31日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地1月31日)

・決算発表で明暗
・FOMC後の金利低下が続く
・IT関連株の上昇が目立つ

31日の米国株式はまちまちの結果となりました。NYダウは前日比▲0.06%、ナスダック100は前日比+1.45%、FANG+指数は前日比+2.78%となりました。NYダウを構成する銘柄が、市場予想を下回る決算を発表したことで大幅下落となり、NYダウを押し下げました。また、前日のFOMC(米国連邦公開市場委員会)から続く金利低下を背景に、金融株が下落したことも重石となりました。一方で、金利低下はIT(情報技術)関連株には追い風になることや、ハイテク株の一角が市場予想を上回る好決算を発表したことなどを受けて、ナスダック100とFANG+指数は上昇して取引を終えました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着