米国マーケット情報(現地1月16日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地1月16日)

・金融関連株が大幅上昇
・政府機関閉鎖の影響を懸念

16日の米国株式は上昇しました。NYダウは前日比+0.59%、ナスダック100は前日比▲0.02%、FANG+指数は前日比+0.14%となりました。金融大手の決算が市場予想を上回ったことを受けて、金融関連株を中心に上昇して取引を開始しました。その後は、長引く政府機関閉鎖の影響や、米中通商協議の先行き懸念などから上昇幅が縮小し、小幅高での推移が続きました。取引終了にかけては、米国の連邦検察当局が中国通信機器大手に対し、刑事捜査を行っているとの報道が流れると米中通商協議への悪影響が意識され、売りが優勢の展開となりました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着