インベス太子の投資格言

ノウハウ

1分でわかる投資あれこれ

インベス太子の投資格言「相場は相場に聞け」

格言の意味|相場をよく観察し、流れに従おう

投資格言には禅問答のような含蓄のある言葉がよく出てきますが、「相場(のこと)は相場に聞け」も、その1つでしょう。相場を理屈だけで考えるな。相場に謙虚に向き合え。相場をよく観察しよう。相場に逆らうな。およそ、こんな意味が込められた言葉です。

格言から学ぶこと|違和感を大事にしよう

相場に聞くとは、相場からあなたが受ける感覚であり、しばしば違和感という形で現れます。「こんなに良いニュースが出たのに株価が上がらないのは、おかしい」などが、その典型です。

そんな時、「理屈では上がるはずだから」とか、「もう少し上がれば○万円儲かるのに」など、意固地になったり、欲をかいたりするのは危険です。人間は、過度に期待や願望があると、目が曇ってしまいがちです。「こうなって欲しい」が、いつの間にか「こうなるはずだ」になってしまいます。そうではなく、違和感のような相場の声に従いなさいというのが、この格言のキモです。

もちろん、上がるとか下がるとか、最初の考えが当を得ていてこそ違和感に意味が出てきます。ですから投資初心者は、まず普通ならこうなるという理屈をしっかり身につけましょう。その際は、このインベスタイムズもきっとお役に立つはずです。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着